他の業種よりも時給が高い

このように実際に派遣という雇用形態で企業側が雇用することで保険料を下げられます。また、転職をして働く人や就業をする方も高い時給で給与を貰うことができ、更に保険料に関しては派遣会社が負担してくれるので、働く側にもメリットがあると感じる人は少なくないです。

派遣として働くことで高時給を期待できますが、コールセンターは他の職種に比べて時給が高いことで知られています。実際に時給が高いことに魅了されてコールセンターを選択する人はいます。時給は企業によって異なりますが、1000円以上支払ってくれるところもあります。また、残業が少ないので、プライベートの時間を大切にしたい方の中にもコールセンターに勤める人はいます。

このように時給が高いので様々なスキルが求められるのではないかと思われる人も多いでしょう。確かにコールセンターは企業が抱える顧客に対応することになるので、重要なお仕事の一つです。しかし、コールセンターの求人を募集している企業の多くは研修制度を設けており、しっかりと新人の人でもスムーズに業務をスタートさせるように工夫をしてくれるので、今までコールセンターの経験がない人でも研修を受けて必要な知識を身に付けた上で就業できる可能性があります

参照HP・・・コールセンター求人

時給が高い理由ついて

実際に派遣という雇用形態でコールセンターに勤めることを検討している人の中には何故派遣の方が時給が高いのか不思議に思ったことがある人もいるでしょう。実際にアルバイトに比べて派遣の方が時給が200円以上高いというケースも珍しくありません。時給だけを見ると派遣の方が時給が高いので企業側に負担が大きいのではないかと疑問を持つ方もいます。

派遣の方がアルバイトやパートに比べて時給が高い理由の一つに保険を挙げることができます。通常企業はアルバイトやパートとして直接雇用をしている人の保険費用を一定額負担するケースがあります。実際に企業の中には時給ではなく保険料に負担を抱えるケースも存在します。アルバイトやパートの方でも就業時間に応じて社会保険に加入できますが、この社会保険料は全て従業員が負担するのではなく、その保険料の半分は会社が負担します。

この保険料によって企業は派遣を雇用した方が結果的に費用負担が少なくなるケースも珍しくありません。基本的に派遣として雇用すれば派遣という雇用形態で働くスタッフには会社側が保険料の負担を行わなくても済みます。その保険料は派遣会社が負うので企業側にもメリットがあります。

コールセンターの仕事

コールセンターは電話を利用してお仕事をするお仕事です。実際に顧客にサービスや商品の販売をする企業の中にはコールセンターを自社に設けて対応している会社も少なくないです。例えばコールセンター業務では商品やサービスの利用の受け付けを行います。現在では店舗で直接顧客が足を運ぶ商品を購入するという方法だけでなく、通販などテレビやインターネットで商品内容を確認して注文する人もいます。インターネットであればサイトからクレジットカード決済をして商品を購入できますが、電話で商品の購入を受け付けてくれる企業もいるので、そのような企業では自社内にコールセンターを設けています。

実際にコールセンターには上記のように掛かってきた電話に対応することをイメージする人もいますが、キャンペーンの通知などをコールセンターが直接顧客に電話をかけて行うケースもあります。このように営業をするためにも活用されているのです。実際にコールセンターの業務は自社サービスを利用している顧客とやり取りすることも多く、そのお仕事にやりがいを感じる人もいます。

実際に現在、転職を検討している人の中にはコールセンターで働くことを検討している人もいるでしょう。働く際にはまず自分に合った雇用形態を選択するのが一般的です。現在では転職をする人の中には派遣という雇用形態でコールセンターの求人を探している人も少なくないです。その理由の一つに派遣の方が時給が高いことを挙げることができます。